婦人

ノロウイルスを予防して健康ボディを守ろう|感染症撃退ガイド

メニュー

主な感染経路

ベッド

ノロウイルスは複数の感染経路が考えられます。人から人へと感染することもあるのですが、食品から感染することもあるのです。身近に感染者が出てしまった場合は身の回りの消毒を念入りに行ないましょう。

詳細を確認する

深刻になり得る症状

眠る男性

口から胃や腸に到達したノロウイルスは増殖し始め、短い潜伏期間を経て下痢や嘔吐などの症状が現れます。発症中には水分を出来るだけ摂取するようにして、脱水症状を予防しましょう。

詳細を確認する

感染力が強いウイルス

おでこを触る男性

激しい嘔吐や下痢といった症状が特徴的なノロウイルスは、感染すると深刻な状況に陥る場合があります。ノロウイルスが蔓延する時期は12月から1月など寒い時期になるため、インフルエンザを併せて注意喚起されることが多くなります。この時期は空気が乾燥するのでそれ以外の感染症のリスクも高まるのですが、ノロウイルスは特に症状が重くなるのでしっかりと予防することが大切なのです。風邪の予防として定着しているうがいや手洗いの目的は、ウイルスが体内に侵入しないために必要なものです。しかしノロウイルスはとても小さいので、簡単な手洗いやうがいだけでは除去しきれません。専用のアルコール消毒剤などでしっかりと手洗いをすると細かいシワに入り込んだウイルスを撃退することが出来るので、学校や会社だけでなく家庭でも徹底的な予防を行ないましょう。

ノロウイルスに感染すると免疫力の高い健康的な大人にも体調の変化が現れます。激しい腹痛と下痢、そして吐き気や嘔吐などの症状に悩まされることになるので、感染者の体力はどんどん奪われてしまうのです。大の大人であってもつらく苦しいものなのですが、もしこれが高齢者や乳幼児に感染してしまった場合は更なる影響が懸念されます。下痢や嘔吐によって脱水症状を起こした場合には体の機能も衰え重症化することがあるので、出来るだけ感染しないような環境を整えることが大切なのです。市販の手洗い石鹸や消毒用アルコールでも十分にノロウイルスの感染を防ぐ効果があります。手洗いやうがいを習慣化することで健康的な体を守ることが出来るのです。

適切な治療法

フット

現在はノロウイルスに対応しているワクチンなどが存在しません。病院では適切な処置を受けることが可能なので、重い症状の場合すぐ受診する必要があります。学校や会社を休んで自宅療養することも大切です。

詳細を確認する